【葬式のマナー】通夜・葬儀の女性の服装マナー

服装や身だしなみについての基本知識

服装や身だしなみについての基本知識の写真

通夜や葬儀はある日突然行われることがあり、準備にとまどうことがあります。通夜や告別式は亡くなった人とお別れをする儀式であるので、場にあった服装や身だしなみをしなくてはなりません。基本的に、服装は喪服を着用します。喪服には最も格式が高く、喪主や親族が身に付けることの多い正喪服、一般的な準喪服、お通夜など緊急に訪ねる際に着ることがある略喪服の3つがあります。参列をする場合は準喪服を着用するようにしましょう。なお、女性の場合スカート丈が気になるところですが、肌をあまりに見せるものは好まれませんので、スカート丈は膝が隠れるぐらいの丈にします。できればふくらはぎが半分ぐらい隠れるほどの丈が良いでしょう。さらに、胸元が開いているデザインのものを着ないようにします。20代であれば、ボレロタイプのジャケットでフレアタイプのスカートが良いでしょう。40代ではワンピースタイプのものが動きやすくおすすめとなります。寒い時期はコートを着ていくこともありますが、コートも光沢の生地やボタンではなく、きちんとしたものを着ていくようにしましょう。葬儀会場に入る前に脱ぐことも基本となります。身だしなみについては、長い髪の毛の場合は一つにまとめていきます。この時華美なもので髪の毛をまとめないようにしてください。黒いゴムを使用すると失敗がありません。また、ストッキングにおいては、通夜であれば肌色の物でも良いですが、葬儀の場合は黒色のものを履くことが大切です。

家族葬 横浜